保育士の資格取得勉強

保育士資格は独学?学校?

  • 保育士になるためには厚生労働省認可の指定保育士養成施設を卒業すること、また保育士試験に合格することが必要です。いずれもしっかりと勉強することが必要ですが、短期間で保育士になりたいと考えている方の多くが、保育士試験を選びます。

    但し保育士試験の合格率は20%前後という厳しい数字なので、保育士として必要な知識と技術をしっかり学んでおかなければなりません。独学で学ぶという人もいますが、独学の場合、勉強しようという強い意欲がなければ継続できません。

    保育士を目指す仲間が共に切磋琢磨している学校なら仲間と一緒にモチベーションを保つことができます。しかし独学の場合、勉強するかしないかは自分のやる気次第ということになるので、スケジュールを決めてしっかり自ら進んで勉強しようという意欲がない人には向いていないと思います。

    時間をかけることができる、また学校に通う費用があるという場合には、やはり指定保育士養成施設で勉強される方がいいでしょう。こうした学校では保育士に必要な専門的知識に加えて、実技試験についても音楽、造形、また言語等、それぞれの分野に特化した教育を行っていますので、保育士に近い道といえます。学校に通う場合でも、保育士になりたいという強い気持ちを持つことが大切です。